懐が寒い…

2018/07/06

シンプルライフに片づけにと、普段でも文通に読書とインドア生活をしているのに

輪をかけて家にこもって、お金のかからない生活を心がけている。

遠くから来てくれたお友達にポストカードに便箋などをもらったので、

今月はしまっていくぞ~!と頑張ってました。

っが、甲斐なく通帳は恐ろしいことになってます。

冬が来た…と毎年思う。

我が家の子ども3人、学資保険に入ってます。

な~んも考えずに契約した結果、9月、10月、11月と

怒涛の学資年払いにさらされ、恐ろしい勢いで通帳からお金が消える!

青色吐息なんてものじゃない、もう息絶え絶えです。

お正月を乗り切れるんだろうか、と毎年のように思ったころに

冬のボーナスという味方が登場する。

よっ!!待ってました!!と万感の思いで迎えるわけですが、

学資保険で青色吐息状態の通帳には効果はあまりない。

窮地を脱した、というレベルになるだけです。

そんな窮地を脱した頃を見計らったかのように、来るんです。

「へっへっへ、冬のボーナス入りましたね!ちょっといっときましょか!」と

定期預金のお誘いが給与振込口座の外回り担当から。

いやぁ~、いいタイミングでくるなぁ~と最初は感心してましたが、

それも当然。

彼は我が家のボーナス日を把握してますから。

残高を見た上での訪問で、定期預金にしたところで、

お金は減ってないのですが、なんだか毎回、おいはぎに遭ったような

虚無感に襲われる。

冬が来るたびに赤字家計はまずい!と考えているので、

通帳に残そうかと思うと相談したら、「定期積金ですね!」と誘われた。

あっ、いや、そっちじゃなくて…と言いつつも、

つい定期積金も契約して、相乗効果で冬は青息吐息。

冬になると、片づけに家計管理にと毎年のように血眼になって、

なんとかしなければ!という思いに駆られる。

それが、喉元過ぎればなんとやらで、仕事に忙しくなると

それどころでもなくなり、ばたばたーっとしている間に

夏のボーナスでほくほくになり、

(夏のボーナスも「奥さん、へっへっへ、定期いっときましょか!」と

おいはぎ勧誘にくるけれど。)

冬になるとまた青ざめて家計管理を真剣に考える。

夫に「もっと人生に計画性を!」と言われるたびに言い返してます。

「私に計画性があれば、結婚してないから。」と。

また家計簿を来年こそ手書きにしようかと悩む時期がくる。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村