ここ最近、小学一年生の長女から

「パパの将来の夢って何?」

とよく尋ねられます。

 

私自身が小学生だったとき、

当時思い描いていた将来の夢といえば

  • 学校の先生
  • 警察官
  • 将棋のプロ棋士

あたりのような気がします。

 

改めて、36年間生きてきた状態で

「将来の夢」を考えてみると、

必ずしも特定の職業ではなさそうです。

 

一般的に子どもの頃は、

  • 身近に存在する公的な職業(消防士等)
  • 特定の技能を有するもの(パイロット等)
  • ケーキ屋さんといったお店系
  • プロスポーツ選手

といった、自分が知りうる範囲での職業

将来の夢として捉えがち。

 

一方、大人になった我々は、

世の中に星の数ほど細分化された仕事が存在する

ことを経験的に知っています。

 

 「なりたいこと」も確かに大事だけれど、

 「やりたいこと」を軸に将来の夢を考えてみよう。

 

 「自分の好きなこと」だけで生きていこうとすると、

 しんどくなってしまうかもしれない。

 

 パパやママみたいにごく普通の仕事をしながら、

 やりたいことを並行してやる生き方もアリだよ。

 

そんなニュアンスのことを、

今日の夕食の際に長女に伝えました。

 

小学一年生の女の子がはたして理解できたのか

少々不安が残りますが、

悔いのない人生を送ってもらえたら

パパとしては何も言うことがないですね。

f:id:work-shift:20160122234934j:plain